長沢の家 新築工事

基礎工事が終わり、いよいよ 建て方です。

大工さんによっては、「建ちまい」「建前」とも言います。

どちらかというと私も昔から、「建ちまい」とい言っております。

「建ちまい」とは、

家の大きさにもおりますが、約2日間ほどで、柱から建て始め、2階の床組、屋根まで組み上げる作業です。

昔は、大工さんが家のカタチに応じて柱や梁を一本一本長さや仕口(接合部)を作っていましたので、

建ちまいで家のカタチに組みあがるまでドキドキでした。もちろん、責任重大なお仕事でした。

だから、無事に家の骨組みを組み上げる作業は、いわばお祝いのようなものかと思います。

最近では、プレカット(機械加工がほとんど主流になってきておりますので、ほとんど間違いはなくなりました。

とはいえ、組み立てるだけでも大変な作業で、安全確認をしながら、朝から大工さんたちが頑張っております。

 

 

 

 

関連記事

PAGE TOP