富山市砂町フルーツ店舗 改装工事

改装オープンまでの工程の肝は、

序盤にどれだけ、図面と現状の違いや問題点を洗い出し、各業者さんの行程の微調整をいていくことが大切です。

現場を管理しているほうにしては、毎日毎日、図面の修正や、打ち合わせやお客様への説明で慌ただしくしておりますが、

きれいな仕上がりには、必要不可欠の準備と考えております。

設計段階で組んだ工程から外れないように、小澤建築の大工さんにもいろいろお手伝いしてもらい、

配管工事を終え、電気工事、内装工事と順調に進めております。

途中で、フルーツシャンデリアの提案もあり、元々選定していたペンダントライトを変更したほうがいいと思い、

急遽、照明探しに出かけ、ちょうど入荷したばかりのいいものが見つかりました。

 

メインは、フルーツシャンデリアですが、フルーツを照らす存在感はあるけど、シャンデリアと相性のいいペンダントライトが必要でした。

普段は、木造工事なのですが、今回は、店舗ということもあり、軽鉄(スチール材)を使用して、壁や天井の下地を組み立てております。

あとで、調整が出来ないなかなか厳しい面もありますが、施工性・スピード面は、違うように感じ、職人さんの仕事を拝見させていただきました。

お客様からも、「いい職人さんだね」と言っていただき、現場内も良い雰囲気になっております。

最初の解体工事で、事務所の中が、ホコリまみれになってしまい、お客様に大変ご迷惑をかけてしまいましたが、

日々の職人さんのたちの努力のおかげで、信頼を回復し、日に日に、相談事やご要望が応え、お客様と創り上げるカタチになってきました。

引きつづき、気を抜かず、全現場「全集中」で進めていきます。

 

関連記事

  1. 富山 新築・和モダン住宅 | 小澤建築 -Kozawa-
PAGE TOP