鷲塚の家 新築工事

最初にくだらないことを言いますが、許してください。

今年は、アニメの鬼滅の刃が大人気で、アニメ界の記録を塗り替えておりますね。

住宅の建築業界では、数年前より省エネ性能を重視し、壁・天井・窓の断熱性と気密性の高い

住宅が省エネ性のいい家と評価され、最近では、FacebookなどでC値がいくつでした~なんて投稿されている方がいましたので、

小澤建築でも計測してみようということで、今回、気密測定を行うことにしました。

何を言いたかったというと「鬼滅」と「気密」を掛け合わせたかったということです。

すいません。笑

で、何をしているかというと、要は、外気からの隙間風をいかに少なくできるかということです。

昔は、隙間風が多い家は、すごく寒かったイメージがありますよね。それは、どれだけ暖房で温かくしても、冷たい空気は、家の中に入ってくるし、

外に逃げて行ってしまうわけです。

そこで、隙間なくすために、室内側でシートを貼って、隙間をなくす、埋めることが必要になってきます。

なかなか、細かく地味な作業で、写真映えしませんが、うちの大工さんいい仕事してます。

測定は、まだまだ先ですが、いい数値が出ることを期待して工事を進めていきます。

 

関連記事

PAGE TOP